休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

冬じまい

今日はボートの冬仕舞いの準備!
密かに今週も出れるかと狙ってましたが、風向きを見ると無理そうだったのでボート釣りは前回で終了!
来週は毎日雪マークが付いてたのもあるし

さて、何時もは軽く清掃して、バッテリーを外すくらいで仕舞ってましたが、来シーズンは早めにいつでも出せるようにと今回はエンジンオイル類の交換をしてから仕舞うことにします

いつも通りエンジンを回してオイルを温めて、抜けやすくします
P1020948.jpg
この時ペラは外して、ライン等が巻きついていないかもチェック!

エンジンオイルを抜く時は、最近は本体にビニール袋を直接貼り付けて行ってますが、仲間内から
「エンジンに垂れるオイルが気になる・・・・」
との事だったので、今回はガムテープで注ぎ口?を付けて行ってみました
P1020949.jpg
これで、エンジン側にも垂れてこないでしょう!
もちろん上手くいきましたよ!

パッキンも数回使いまわしていると、こんな感じに潰れていきます
P1020950.jpg
左が古いので、右が新品
潰れているのが判りますかね?

このままではパッキンの機能を果たさないので新品に交換です


エンジンオイルを交換したら次はギアオイル
P1020951.jpg
「え!」

白濁している・・・

10年以上色々な船外機を使ってきましたが、こんなのは初めてだ!

ボルトを外す時に、何時もよりは軽く外れたので、そこから混入したか?

それとも、シーズン終盤に流木に一度ヒットした事があったんだが、それが原因でロアケースのパッキンから混入か?

念のためロアケースのボルトを締めたら、なんか緩い?
増し絞めして、何時もはエンジンに掛けてるラッシングベルトも場所を上側にずらしてみました
P1020958.jpg

とりあえずこれで様子見をして、来シーズン初期にもう一度チェックしてみる事にします
ダメだったらロアケースのパッキン交換か、ドライブシャフトのシール交換ですね・・・・
シャフトはライン等の巻きこみした事ないんで、違うと思いたいけど

ちょっと、不安も残りましたが、すぐにダメになるって訳でもないので来シーズンは整備確認をこまめにやってく事にしよう!

エンジン修理

先日頼んでた部品が届いたので、今日はエンジン修理!

実は前々回の釣行の際に再移動しようとしてエンジンをかけようとしたらエンジンが掛からなかったんです
結局はセルモーターが回らないだけで、エンジン自体に問題はなかったので手動でエンジンを掛けて釣りは続けたんですけどね
仲間のボートも一緒に浮かんでいたので、いざという時には助けに来てもらうつもりでした
単独だったら安全第一で中止にしてたと思います

釣行の際はkiyokiyoさんに心配をおかけして申し訳なかったですm(_ _;)m


さて、セルモーターが回らなった時の症状としては

○エンジンキーをオンからセルスタート位置に回すとアラームが鳴る

○エンジンキーをオンの状態でスロットルレバーを倒してギヤを入れるとアラームが鳴る

でした

まずはアナログ的にスイッチ類から確認していきます

コントロールボックスとエンジン側のキルスイッチは釣行時にも確認済み

なので、まずはコントロールボックスを開けて、中のニュートラルスイッチを確認してみます
P1020871.jpg
ボルト三本を外して、まずはコンソールから取り外します
が、コンソール取り付け用のネジが固着して抜けてくれません!

こんな時は、電動ドリルでゆっくり回しながら、ボルトを押していくと抜けてきます
P1020872.jpg
2人居れば楽に出来ますが、自分は1人でやりました
お試しあれ

無事開けて中のマイクロスイッチ等を確認しましたが、何も問題はない様子
P1020873.jpg




問題なかったので、今度は組み上げ




P1020874.jpg
ん?部品が余ってる(爆!)

もう一回やり直し!
(2回目はきちんと組みました)


さて、こうなるとやはりエンジン側か~
エンジン側はややこしいので、触りたくないんだが(笑)


まずはテスターで断線や導通のチェック!
P1020875.jpg

いろいろ調べていくと、どうやらスターターソレノイド周辺が怪しい感じ
P1020904.jpg
ソレノイドを導通チェックしてみます
この状態でアース(黒の線)とプラス(緑の線)をバッテリーに繋ぐと、導通チェックができます

しかし、壊れているのかリレーの
「カチッ!」
っという音もなりません
勿論テスターも反応なし

エンジンに取り付けた状態で確認する場合、バッテリーのプラスを外し、緑の線に繋ぐとリレーの音がなってチェックできるはず(多分)
自分のは壊れてるのか鳴りませんでしたが

と、いうことでスターターソレノイドが壊れているので間違いないはずなので、部品をネットで注文です

自分のエンジンはトーハツ18馬力なのでスターターソレノイドの部品番号は

[3H8-76040-0]

でした


ここまでが先週の話


今日部品が届いたので、早速交換!
P1020903.jpg
左が古いので、右が新しいソレノイドです
密閉されているので、見た目では壊れているか判りません

スターターソレノイド自体はエンジン前方の見える位置についてますが、アースが隠れた位置にあります
P1020876.jpg
なので、交換には上部のスターターロープ等のカバー類を全部外す必要があり、地味に面倒です

やっとスターターソレノイドが取り外せる状態に
P1020902.jpg
電極はカバーが付いてますが、青サビ等が浮いていたのでワイヤーブラシで綺麗にしてから接点復活剤を吹いて組み上げ

間違い等がないか再度よ~く確認してからバッテリーを繋ぎます


では、エンジンキースタート!

「キュキュキュ!!!」

無事、セルモーター復活!
これで、シーズン終盤の大事な時間をボート屋にボート預けたりして、無駄に過ごさなくて済みました

ここまで、読んでくれて
「としけんはエンジン修理も出来るのか!」
と、思ってくれた人もいるでしょうが・・・



そんな訳あるはずない(笑)



今回の不具合個所の発見手順等はkeiさんから写メつきで手取り足とり教えて頂きました
色々とお忙しい中、ありがとうございます!<(_ _)>
今回は本当に助かりました!

keiさんに足向けて寝れないな~

シーズン間近

3月も終わりだというの今朝は起きたらまた雪が積もってました
「まだ、降るか!」
って思っちゃいましたよ
さすがに昼過ぎには溶けましたけどね

さて、本日はシーズン前恒例のボートのエンジンオイルの交換です
なんで同じこと毎年書くかというと備忘録代わりです(笑)

今回使用するオイルやパッキン類などなど
0321001.jpg
自分の場合オイルフィルターは2年に1回の交換頻度で、今年は交換の予定でした
しかし去年はあまり乗らなかったので、今年はフィルター交換なしでいきます

最初にペラをはずしてライン等の巻き込みがないかチェック!
0321002.jpg
はずしたままエンジンをかけて、ギヤを入れて暖気運転します
これでエンジンオイルとギヤオイルを温めて抜けやすくしときます

今までオイルを抜く時はペットボトルを漏斗代わりにしてましたが今年は直接ビニール袋にティッシュを入れてエンジンに貼ってやってみました
0321003.jpg
この方法でも抜くときの液ダレは殆どありませんでしたね
オイルまみれになったペットボトルのごゴミも出ないので、これからはこの方法でいこうと思います

注意としてビニール袋を貼り付けた時はいいのですが、オイルが溜まって重くなってくると剥がれて落ちてしまうかもしれません
ですので、ビニール袋の下には台を置く等した方が安心かと思います
自分は手で持っていましたけど・・・

因みにオイル交換時は手が汚れるので、ウエスやペーパータオルでこまめに手を拭きますが、自分はトイレットペーパーを一ロール用意してコレで拭くようにしてます
0321004b.jpg
ペーパータオルより安いし家にいつもあるからです
ウエスのように段々と汚れないで、次々と綺麗な部分が使えるのも便利ですよ!
みんな使ってるかもですけど・・・

オイル交換後は暫くエンジンを廻して異常がないかチェック!
0321005.jpg
あとはグリスアップなどをしてボートはOK!!

これでいつでも出航はできるぞ~!

と思ったら週末はまた雪予報か~(x_x);

冬支度

今週末は土曜が晴れマークだったので期待してましたが、風が強く釣行は断念・・・
来週末は12月に入るし、またこの前の様に雪が降る前に冬仕度をしておこう!

って、ことで今日はボートの冬眠準備をしてました
まぁ、いつもの事なのでちゃっちゃとやっちゃいます

まずは船外機のキャブから燃料を抜き取ります
P1020148.jpg
トーハツ18馬力の場合、抜き取りはキャブの右下部分にネジがあるので、それを緩めるだけです
下にウェス等を置いてからやると、後々掃除が楽になりますよ

その後、全体的に乾いた布等で乾拭きします
P1020149.jpg
結構、カバー内まで航行中に飛沫が飛ぶのか、潮がついてるんですよね~

拭き終わったらプラグを一旦外して、
P1020150.jpg

中にオイルを数滴垂らしてから、スターターを手動で何度か引いて、シリンダー内にオイルの膜を作って錆びを防ぐ様にしときます
P1020151.jpg

オイルを垂らす時は、自分の場合ストローで入れて、軽く息で吹く様にしてますね
この時は軽くですよ、あまり強くやってツバが入るとマズイですからね

そして、防錆スプレーでエンジンボルト部を念入りにコーティング
P1020153.jpg

バッテリーは外して充電
外した端子類(魚探の接続端子とかも)には接点復活スプレーを
多分今やらずに、春先のシーズンインだけでも問題ないだろうけど、自分は仕舞う時とシーズン前に吹いてます

他には燃料タンクを満タンにして結露による水が出来るのをなるべく防いでなど
シーズン始まる前はワクワク感で、準備もはかどりますが、いつもながらシーズン終了はテンションさがるので、こんな感じになるべく簡単にして冬支度完了!

後は実家の車庫に持っていって、春までオヤスミ~~
P1020154.jpg

さて、明日はどうしよう・・・
取りあえず、自家製フルーツブランデーとアオリの燻製で晩酌しながら、ゆっくり明日の事でも考えよう・・・
P1020158.jpg

更新再開

え~と、お久しぶりでございます(汗)
諸事情により、ずいぶん更新を停止してしまいました

釣り自体はワカサギ以来行ってないので、釣行期をサボっていたわけではないのですけどね
釣り再開はお盆過ぎか9月かになると思いますんで、釣れない釣行期を待っている数少ない方はもう少々お待ちください(汗)

さて、本日は久々にボート弄りをしてました
と、いうのも去年の最終釣行で自作のキールガードがめくれてきてしまってたんです
P1010948.jpg
帰港してボートをトレーラに上げる際に「なんか重いな~?」と思ったら案の定・・・

自分が乗ってるneoボートシリーズの純正トレーラーの場合、キールローラーがあるのでどうしてもキールガードに負担がかかってしまうんですよね~

と、言うわけでめくれてしまった部分のアルミ板を切り取ってしまいます
P1010950.jpg
アルミの薄板なので、サンダー等を使わずに金ヤスリが1本あれば簡単に切り取れますよ!
ちなみにこの作業は何度か行っているので、自作キールガードは取り付け当初より1mほど短くなっています(笑)

切り取った後は、取り付けに使っていた両面テープとコーキングの後をスクレイパーと紙やすりで除去!
P1010951.jpg
これでいくらか綺麗になりました

紙ヤスリの番手が荒いんで白くなってますが、あとでもっと細かいのをかけ直ししなきゃ・・・
それともトップコート塗ったほうがいいのかな?
塗るのは面倒なので出来ればやりたくないけど(爆!)

FC2Ad

まとめ