休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

ピンポンカウンター 販売開始!

ワカサギ釣り人達の中ではちょっと話題になっているkeiさんのピンポンカウンター 

ついにオフィシャルで販売が始まりました!


1458364258.jpg
新色のブラックがカッコいいな~

欲しい人はヤフオクで「 ピンポンカウンター 」で検索してみて下さい!


目指せ100束!(笑)



ワカサギリールの修理

先日の釣行でリールが巻き上げできなくなる不具合がでました

自分がメインで使っているのはシマノさんのDDMです
P1030593.jpg

症状はというと、クラッチのスイッチがスカスカと手応えがなく、回転ローラーがスプールに当たっていませんでした
P1030704.jpg
本来はクラッチを入れると丸印の部分からローラーが出てスプールに当たるはずが、ローラーが出てこない状態です
DDMを使っている人は判ると思いますが、本来手応えがあるクラッチも全くクリック感?がない状態

この時はリールに横から軽い衝撃を与えるとローラーがでてきたのでそのまま使用して、ラインを出すときはいちいちスプールを緩めて使用してました
でも、ローラーにかかるテンションが緩いからか、引きの良いワカサギがかかるとスプールが滑っていましたね

まずは分解をして状態を見てみます
使用する工具はプラスドライバーの1番と精密ドライバーとピンセットだけ
P1030703.jpg

カバーを外すのに3か所のねじ

モーターを外すのに1か所のねじ

下のベースからメイン部を外すにの4か所のねじです
P1030702b.jpg

下のベースからは外さなくてもできますが、外した方が直しやすいと思います


クラッチの感触からバネでローラーを出していると思ってましたが、その通りバネがありました
P1030698.jpg

見えにくいですが、モーターの下にバネがひっかかる突起がありますが外れているようです
P1030698bb.jpg
おそらく車や荷物の積み込み等の衝撃で外れてしまったのかな?


なので、一度バネをフリーにしてから
P1030700.jpg
モーター下の突起に引っ掛けて、また戻します

これでOK!

あとはまた組み上げるだけで終了です


バネが折れていたりとかしたら、メーカー修理に出さなきゃならないところでしたが、今回ははめ直すだけだったので助かりました


今回バラシてみたところ、配線部分などの防水処理は結構しっかり出来てましたね
どこかのメーカーに見習ってほしいところです(ちょっと嫌味(笑))


これで、今週末の釣行には使えそうだ!

と、思ったけどカレンダー見直してたら土曜は仕事だった、、、

1週間勘違いしてたっぽい、、、

再来週はまだできるかな?



自分が使用しているモデルはこちら


シマノ(SHIMANO) ワカサギ...

シマノ(SHIMANO) ワカサギ...
価格:14,688円(税込、送料別)

新型はこちら

ブーツ買い換え

12月も後半だというのに、いまだに 雪は積もらないまま
雪かきがないので、降らないのは楽でいいんですが、このままだとワカサギのシーズンインがいつになるのかちょっと心配ですね~
隊員が山の様子を見にってくれたようですが、やはりまったく凍ってなかったようですから

それでも午前中は除雪機の試運転をしたり、ワカサギ用具の点検をしたりしてました
P1030521.jpg

そうしてるうちに宅配便が到着!
P1030524.jpg
ボートシーズンは終わってしまいましたが、ボート用のブーツを新調しました

それというのもシーズン後半に今まで使っていたブーツが穴があいてしまったようで、足が微妙に冷たい、、、、
4年ほど使用したので、価格的にはすでに十分かな?
と、言う事で新調しました
年末でポイントも多く付いたので(^_^;)

P1030525.jpg
コロンビア ラディ 



以前使っていたのは少々高さが低く、ボートのランチング時に波などがあると浸水してしまいそうでビクビクしながらでした
その点、ラディだと高さがあるので「かっぽり」も心配なし!(笑)

自分の普段の靴のサイズは25.5~26cmですが、前回のネット通販の購入履歴を見てみると25.5㎝を購入してました
ですが現在のラディ製品サイズは1cm刻みなのか
25.5㎝が見つからなかったので、今回は26cmを購入
P1030526.jpg
アメリカサイズ表記なので8です
ちなみにイギリス表記だと7.5で26cmなので、いつも間違えてしまいそうになってややこしい(笑)

どのみち以前のサイズだとかなりピッタリで、夏などの中が蒸れる時期だと脱ぐときなどに結構苦労しました
なので今回は26cmを買おうと思ってたので問題なし

実際履いてみると、少々大きいか丁度いい位?
靴下2枚重ねても履けるかも?位の微妙さです
不安な人はやはり実際に履いて確認したほうがいいかもですね

これからの積雪時は中綿入りのブーツになるので、とりあえずこのブーツは来シーズンのボートまで大事に仕舞っておこう(笑)

補充

お盆前進行の忙しさからきて、お盆が過ぎてもまだ忙しいまま、、、
昨日は風が微妙だったので釣りはおやすみして体を休めてました(^_^;)

このところ最高気温も30度を切るようになって、夜なんかは肌寒いですね~
そう!もうすぐ9月です
あと1カ月もすれば、みんな大好きアオリイカの新子の季節がやってきます!
P1020107.jpg

と、言う事で
ここ数年はティップランばかりの釣りなので、ティップラン用のエギを補充しときました
P1030370.jpg

まずは個人的に信頼のおけるエギってことでダートマックスTR

パープル系は2色ありますが、個人的にはディープパープルボーダーレッドがお気に入り♪


そして今年の新色の紀伊鯵カラー
P1030372.jpg

フィッシュリーグ ダートマックス TR 40...

フィッシュリーグ ダートマックス TR 40...
価格:1,409円(税込、送料別)



紀伊鯵カラーは行きつけの釣り具屋に注文しても人気過ぎて入荷してくれなかったので(笑)通販で購入です


もう1種類はデュエルの EZ-Q キャストヘビー
デュエル(DUEL) EZ-Q キャストヘビー オーロラ

 


これのいい所は重さがそれほどでもないのに沈下スピードが速い事
P1030373.jpg

このキャストヘビー シリーズは従来の布巻きタイプと プラスチック肌のタイプがありますが少しでも潮に影響を受けにくいプラ表面タイプが好きで使ってます


最後に従来のエギに付けて重くすることができるヘッドシンカー


エギの頭にかぶせて、ゴムで留める感じ
P1030375.jpg
価格の割にはガタツキも無く使えそうです
(写真のエギはエギ王3.5)

なすオモリを使ったアゴリグもやってますが、波があってボートが揺れたり、渋い時などはアゴリグだとエギが安定しないのか抱きが悪いんですよね~
そういう時や根掛かりが多い場所などはダートマックスTRが勿体無いので、これでいこうかと思ってます


あとはシーズンインを待つばかり!
今年はどんなアオリシーズンになるのか今から楽しみですね~





気になる部分

今日は久々に海までドライブ!
本当は釣りするはずだったんだけど、本日の強風だと流石に無理でした・・・
久々に用事の無い休日だったのに、何故か日曜だけピンポイントで天候悪いとか日頃の行いか?(泣)

さて、今年からカブラを半自作してるので色々とパーツも集めてます

釣り具屋に注文してたパーツやネットでポチったパーツが大体集まりました
P1030207.jpg
他にもネクタイやスカートもありますが


今回はカブラとラインの結束部について

遊動式のカブラだと、自分が使用しているものには大きく分けて2種類あります
P1030210.jpg
左が一般的な作りで右はダイワの紅牙の物

リーダーは赤丸の部分に結ぶ事になります
P1030214.jpg


何が違うかというと・・・

左の一般的な作りのものだとリーダーとの結束部がカブラ本体(鉛)の上
右のダイワ紅牙のものだとカブラ本体の下側にきますよね

自分の場合結束部は結んだコブ?からスッポ抜けを防ぐために1~2mm程残してます
(写真では判りやすい様に長めに残してます)
P1030212b.jpg
ちなみに去年1回だけ結束部からスッポ抜けを経験してるんです
波のある中酔いながら(笑)、船上で結び変えたら絞め込みが甘かったからだと思いますけど

でも、この残した部分がどうしても気になる・・・

遊動式はスカート部分と本体が離れるのが利点ですが、このはみ出しがあるとスムーズに動かないのでは?
と思ってしまうんです

ネットでいろいろ調べると、実際のフォール中には本体とスカートは離れたりしない!
って書いているのもありましたが、自分の感覚だとフォールでは離れている気がする・・・
実際に遊動式を使うようになってから、着底直後からの巻きあげのバイト数は確実に増えてますし
(去年1年しか、まだ使用していませんが)

そんな思いの中見つけたのがダイワの紅牙のパーツ
P1030208.jpg
ダイワ(Daiwa) 紅牙接続パーツ



このパーツを使えば結束部が下にくるので、気分的にモヤモヤがなくなる!

ええ、それだけです(笑)



一応、ダイワのテスターの話だと水を吸わない軽量プラパーツを使う事によって、スカート部分が潮に良く馴染んでフォール時もアピール度が上がるという事も言っていました(釣りビジョンの番組で)

また、このパーツがある事でカブラには珍しいと思うラトルユニットなんかも付いてるタイプもあります
P1030213.jpg
ダイワ(Daiwa) 紅牙ベイラバー ラトルマジック接続パーツ



エギ等ではそれなりに見かけるようになってきたラトルですが、カブラではまだ珍しいかと思います
実際に使っていないのでマダイに有効かは判りませんけど、もしかしたら他の仲間が渋い時に

自分だけ爆釣!

なんて事を妄想してます(笑)


とりあえず準備は出来てるので、あとは釣りに行くだけ!
来週こそは凪になって欲しいぞ!