休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

リール更新(炎月BB 101PG)

さて、いまさらですが自分のボート釣りのメインは真鯛です

マダイ釣りを始めた当初はフロロライン+スピニングでの釣りでしたが現在はPE+ベイトの釣りに、、、

自分が最近釣りしているポイントが潮が早い事が多いのと、水深が深い所を攻めることが多くなったからんですけどね


今までは入門リールのソルティーワンを使用してました

シマノ(SHIMANO) ソルティーワンPG 左

 



このリールは価格なりの作りでしたがドラグ自体はできが良く、マダイを狙う分には必要十分な性能でしたね

購入したから6年程使用してかなりのマダイをあげました

ですが、最近はギヤの咬み合わせがちょっと怪しくなってきました

価格が価格なので、メンテに出さずにリールを買い替える事に


同じリールでも良かったのですが、せっかくなので?タイラバ専用を購入してみました
P1040487.jpg
シマノ 炎月BB 101PG(左)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) 炎月BB 101PG(左)
価格:11340円(税込、送料無料) (2017/8/16時点)




今回は重さとハンドル長と色(笑)を考えてシマノの炎月のリールにしてみました

ロッドがダイワなのでダイワのリールを合わせるのが普通でしょうが、個人的にダイワのリールは合わないことがイロイロと多いので、、、


遠心ブレーキが付いていて、調整はワンタッチでカバーを外して調整できるようになっています
P1040491.jpg
調整用のブレーキシューは4つ

個数で強さを調整します

この間の釣行では最初は2つ効かせていましたが、結構強めにきくようなので、後半は全部オフにしました


ダイワのロッドにも勿論フィッティングはOK!
P1040492.jpg


色以外で一番変わったのはハンドル長が長くなりました
P1040504.jpg
ソルティーワンは40㎜でしたが炎月BBは51㎜になってハンドルも大きくなりました

大物とのやりとりはパワーのある長めのハンドルのが楽ですが、普段巻くにはソルティーワンの方が個人的にはやりやすいかな?

手首だけでくるくる巻けるので、、、

友人は長めの方がイイと言っていたのでこれは好みの問題もあるでしょう


肝心のドラグ性能ですが、もちろん全く問題なしでした!



まぁ買い替えの一番の理由はロッドに色が合わなかったので、それだけでも満足でしたけど(笑)


フィッシュグリップ買い替え

う~ん、今週は天気が悪くて釣りはお休み

今年は休みとイイ天候がなかなか合いませんが、こればかりはしょうがない、、、


さて、自分の釣りはここ数年はマダイがメインです

季節によって他の魚種も勿論ねらいますけどね!


釣り上げた魚を船上に上げるのはランディングネットを使いますが、そこから魚を持つのにはフィッシュグリップを使用しています

以前はペンチなどを使用してましたが、初めはナチュラムのフィッシュグリップを購入、使用してました
Buccaneer(バッカニア) フィッシュクリッパーI

税込み980円!!


価格も安く、悪くはなかったと思います

でも価格なりなのか?

4年ほどの使用で中のバネ?が切れてしまったようで使用不能になってしまいました


次に購入したのはAmazonや楽天等でよく見るこのタイプのフィッシュグリップです
P1040460.jpg

細かいつくりや表面処理も価格の割にはなかなか良かったと思います(自分が購入したものは)

でも、大型のマダイなどを持とうとすると、たまにすっぽ抜けする事が何度かありました
2015-06-20 10
この日記の時もすっぽ抜けて落ちてしまった時です

このままだと、もし魚が暴れて外れた時にフック等でケガをしたら嫌だな~という事でしっかりしたものを購入することに!

第一候補はカハラジャパンのKJリップグリップ

レビューでも悪くなさそうだし、重量計とグリップ部が回転するという基本機能は押さえてる

そして、一番肝心な価格が懐に優しい(笑)

でも、イマイチ決め手に欠けるかな?


第二候補がオーシャングリップ OG2100N Newbie


フィッシュグリップといえばオーシャングリップ!

このOG2100N Newbie は重量計等がありませんが、その分軽量で価格もオーシャングリップシリーズにしてはお安め

でも、やはりしっかりグリップして持てる部分がないのはちょっと不安がありますね、、、



第三候補は オーシャングリップ OG2510


やはり本家オーシャングリップも捨てがたい

仲間も何人か使用しているので信頼性も高そうだし

でもやはり価格がね~(汗)



という事で、いろいろ調べていたらこんなのを見つけて即購入!
P1040455.jpg



オーシャングリップの海外バージョン?
P1040462.jpg

現行のオーシャングリップ OG2510 のように魚を掴む部分がステンレスではありませんが、前のモデルはアルミでしたから問題ないかと

しかも大物対応なので計量計が16㎏まで計れます!
P1040456.jpg
自分が使うのは半分位か?!(笑)

勿論ポンド表示もあります


持ち手のEVAグリップ部分も上の所が広がっていて、重い魚でも手から抜けにくくなってます
P1040457.jpg

付属の取り扱い説明書が当たり前ですが英語表記
P1040461.jpg
まあ、これは読ま無くてもだいたい判るので問題ないでしょう


お買い得だったとはいえ、魚を掴むのに2万は自分としてはちょっとお高めでした

でも安心感を買ったと思えばまぁ納得できるかな?



それしにしてもタックル類の中ではロッドやリールよりも高いモノになってしまった(笑)


スロジギ用にロッドを購入!

連休後半も出ようと思ってましたが、予報通りの悪天候でしたね、、、

自分は溜まったビデオや映画なんかを消化してました


さて、今シーズンからやり始めたスロージギング

初めてで運よくママスをゲット!

前回は青物祭りで練習にも持って来いでした!


今までロッドは以前タイラバにも使用していたプロックスさんのタチウオ用ロッドを使ってました
P1040404.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

即日発送!プロックス(PROX) 太刀(たち)SE63UL TACS63UL タ...
価格:6458円(税込、送料別) (2017/5/7時点)


現行品はコレ

リールはエランワイドパワー
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テイルウォーク(tail walk) エラン ワイド パワー 71BL 19044
価格:14504円(税込、送料別) (2017/5/7時点)




ついでにジグはフィナ ジャックアイ ストラッシュ


この組み合わせで初釣行でママスをゲットできたんですから、我ながら「持って」ますね!(笑)


この間ワラササイズも何本か上げましたが、リール自体には今の所不満はなし

でも流石にロッドの方は根本からひん曲がったので、後半はドラグを締めてリールでやり取りしてました


元々?スロージギングは竿の反発はジグを跳ねさせるためのもので、魚が掛かったら竿を曲げずにリールの性能のみでやり取りするのが普通?らしい?

正直まだよく判ってないです(笑)

でも、個人的には竿の曲がりを見ながら釣るのが楽しいので、これは無しだな~と思ってました

でも最近のは結構曲がって楽しめるらしいので、改めてスロジギ用のロッドを購入することに!


ちょっと調べてみましたが、ママスジギングの時にAsaやんさんから少し借りてみたダイワのロッドが安心感がありそうだったのでポチッ!
P1040396.jpg
ダイワ ブラストBJ 64B−4

ダイワ(Daiwa) BLAST(ブラスト) BJ64B-4

コストパフォーマンスの高いスロージャークジギング専用ロッド




手持ちのエランもフィッティングはOK!
P1040405.jpg

これでこれからのヒラメもアマダイもバッチリだ!

早く使用してみたいですね~



ちなみにこのロッド、仲間内だけで4人が持ってる事になります

もし折れたら、こっそりと交換すればいいな(笑)

アダプター改造

さて、ワカサギシーズンも終盤ですが、前回の釣行でやっと電動ドリルを投入しました!
P1040236.jpg

自分が購入したのはマキタの製品でバッテリーは6Aが1個のセット

仲間が3Aのバッテリー2個持ち歩いているので、6Aなら1個で済むのでは?
と思ってでしたが、前回は使い切ってしまったのでやっぱり予備は必要なのかも?



さて、
電動ドリルでアイスドリルを使うにはアダプターを繋げる事になります

しかし一般的なアダプターは殆ど?がパイプ内に入れて使うようにするもののようです

自分のアイスドリルは旧型のモラ エリクソン エキスパートなので、ハンドル接続部がこのように折りたたみできるようになってます
P1040226.jpg
上部が絞り込まれていて、アダプターが入るパイプ径ではありません

しかし、付属のハンドル径は18.0㎜

アダプターの直径も18.0㎜

と、いう事はアダプターをハンドルと付け替えればいけるのでは???



と、いう事で購入したばかり(正確には頼んで購入してもらった)のアダプターをまずは切断
P1040227.jpg
この際、切断箇所は穴のすぐ下ではなく、多少長めに切ってサンダー等で長さは調節した方がいいかもしれません

固定用のボルト穴もM8ボルトが入るように拡張しました

穴を拡張、または新規に開ける際はアダプターのセンターに開ける様に注意してください

センターがズレると、電動ドリルで使用した際に「ブレ」が大きくなる可能性があります


切って、穴を広げるだけでこの通り!
P1040245.jpg
ピッタリとはまります

自分は既存の穴を拡張して繋げましたが、これで全長は丁度1mほど
P1040231.jpg
新規ボルト穴を開ければ、あと数センチは短くできると思います

でも、この長さでもバリバス ペンタゴン2の中で穴あけは可能でした

ギリギリですけどね


一応折りたたみ機構を使わずに繋げれるように、このようなアダプターも作成しました
P1040230.jpg
パイプの内径を加工して、入るようにしてます

でもまだ色塗ってないのでこのままだと錆びますね

これに付け替えるのは来シーズンかな?

このまま使い続けそうな気もするけど(笑)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ[makita]マキタ18V-6.0Ah バッテリ BL1860B/純正
価格:12960円(税込、送料別) (2017/3/14時点)








ペンタゴン2の連結

今期待望?されてやっと発売されたペンタゴン2

P1040084.jpg

私のブログではいろいろとダメ出ししていますが、それでも新品として買えるソロテントとしては今の所最高だと思います
(ちょっとフォロー(笑))


仲間内では連結して楽しんでますが、この連結にも利点と難点があると思います

利点としてはテント内スペースを自由に使えるので、やりたい放題できます(笑)

また、ペンタゴンを持っている友人同士だと、待ち合わせしなくても後から合流したり、逆に急な用事で帰らざるを得ない時に一人だけ分離して先に帰る事も出来ますね

タバコ嫌いな人がいる場合なんかはテントの扉締めて一服なんて使い方も、、、、
P1040093.jpg


難点としては連結すると岩洞湖のようなイイポイントが狭いところでは、連結が長くなればなるほどハズレ穴のテントができてしまう事
これはしょうがないので、仲間内でワイワイ楽しむのを優先するか、釣果を優先するかですね


さて、そんな連結の楽しみ方ができるバリバス ペンタゴンですが、ブログで書いているように肝心の連結トンネルフライシートが連結しずらいです

連結部分のチャックを見るとフラップにギリギリまで隠れて、チャックが通しずらい
P1040096.jpg
おそらくですが、本来は黄色の部分の下は縫い付けないのが正しい作りだったのでは?

一番簡単な解決方法としてはこの部分を切ってしまえば普通に下から繋げるようになると思います
P1040099.jpg
切った場合は末端処理をしっかりしないと破けてくる可能性がるのでちょっと怖いですけど
(切る人は自己責任でお願いします)


自分が繋げた時はこんな感じでチャック部分を前に出して繋げました

P1040097.jpg
チャックの後ろ部分に指をあてて、前に突き出すようにする
(結構キツイです)


P1040098.jpg
チャックの下部分を摘まんで、チャックを無理矢理前に引っ張りだす
(これも結構キツイです)


どちらの方法も風がない時ならペグを打ってしまう前に繋げてしまった方がテント生地に張りがでないので幾分繋ぎやすくなるでしょう
強風でペグダウンしてからでも出来ますが、難易度がちょっとあがります(笑)

いづれにしても連結前提ならトンネルフライシートは片側は自宅で繋げて行った方が、幾分楽になるでしょうね



なんだかんだで連結してまともに使えるワカサギテントとしては唯一のペンタゴン!
(某社にも連結テントはあった?ある?けどまともなワカサギテントとしてはつかえないので)

連結してワイワイやるのは楽しいですよ~




FC2Ad

まとめ