休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

VARIVAS ペンタゴン2

前回の休日はなんとか沖に出ることが出来てラッキーでした

さすがにこの時期だとそうそうイイ天気も続かないですから、やっぱりボートはおしまいかな~

釣行翌日の日曜は潮を頭から浴びたのでレインウェアを洗濯・撥水加工し直したりしてました
P1040014.jpg
(日記は時間なかったので今日書いてます本日は仕事でした)


さて、もうすぐ(すでに?)ボートシーズンも終わりますが、そうすると始まる釣りもあります

そうワカサギの氷上穴釣りです!

最近は殆どVARIVASのペンタゴンで釣りをしていますが、今期そのペンタゴンがモデルチェンジして再販することになりました!

勿論、情報が入ったと同時に予約です

ちなみに釣具屋に予約しにいったらまだ予約が始まってなかったですが(笑)


前回、釣行の帰りに入荷したとの事で受け取って早速試し貼り!
P1040009.jpg
左が初代で右がペンタゴン2です
(どちらもフライシートは掛けていませんが付属しています)

パッと見、あまり変わりませんが、2の方が少々大きくなっています

高さでいうと8~10㎝くらいかな?(正確に測ってませんけど)

細かい写真はこちらのブログをごらんください(丸投げラクダ(笑))

メーカーのサイトはこちらをクリック


投げっぱなしもアレなので、ちょっと補足

収納袋自体は長さが10㎝ほど大きくなってます
P1040007.jpg
上の黒いのがペンタゴン2で下の青いのが初代ペンタゴン

でも、初代よりも余裕を持たせた作りなので、中身の収納サイズ自体は収納袋程は大きくありません

車やソリに積載する際は余り初代モデルとの違いは気にしないで大丈夫かと思います

重さは実測で初代が3キロ程

ペンタゴン2が3.5キロ程でした(オフィシャルサイトでは3.7キロなのでペグが200g程か?)
(いずれもペグ無し・収納袋込みの重さ)

2が500gほど重くなっていますが、サイズがアップした分はしょうがないのかも?

この増えた重さが許せない!って人はダイエットでもしてください(笑)


初代ペンタゴンを使用している人は判ると思いますが、収納袋のバックルも変更されて使い易くなっています
P1040008.jpg
初代のバックルは個人的には地味に使いづらかったので嬉しい変更です


さて、肝心の広さですが実際に測ってみました
P1040010.jpg
こんな感じでペンタゴンの頂点と平面と直角で結んで測ってみてます

初代ペンタゴンは148㎝程
P1040012.jpg


ペンタゴン2は168㎝程
P1040011.jpg

対角の距離で約20㎝ほど広くなってます
(個人での計測なので正確ではないかもしれません)

たった20㎝と思うかもしれませんが、各辺全てなのでかなり広くなったと感じましたね

実際に使用してみて、この広さがどうなのかは???

初代は正直言うと初めて使った時は「狭い!」と感じましたが、その後使用していくにつれ絶妙なサイズだという事が判り、かなり気に入ってました

竿の2本出しも問題なかったです
(穴あけが難しいですが)

早くに手放した人は多分、この狭さ自体が気に入らなかったのかも?

子供の頃に押入れで秘密基地ごっこをした人なら狭さの心地よさを判ってくれると思いますが(笑)



さて、ワカサギシーズンまであと1か月チョイです!




ネット通販だとどこも売り切れのようですね
地元の釣具屋等で購入した方がよさそうです
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バリバス ワカサギテント ペンタゴン2 VAAC-24 ・即納
価格:28180円(税込、送料別) (2016/11/20時点)






2016/11/25 追記

ワカサギテント ペンタゴン2 フライシート
 について不具合アリのお知らせです


同梱されているフライシートはどうやらサイズが小さいようで、取り付けると最悪テント破損の危険があるようです

詳しくはオフィシャルのこちらをどうぞ


すでに購入済みの方は購入店舗・モーリスへ連絡した方がよさそうです



ELAN WIDE POWER 71BL

アンチョビを使ったジギングを始めてみたんですが、いざやってみると、今までのマダイのタイラバに使用しているリールではどうも使い勝手が悪いように感じます

と、いう事でジギング用にリールを新調する事に、、、

ん?これが散財が散財を呼ぶとかいうやつか?(笑)


ジギング用だとオシアコンクエストオシアジガーあたりが有名どころ?でしょうが、自分にはちょっと高すぎる買い物

そもそも太鼓型のリールはあまり使い慣れてないので、手が小さい自分でも持ちやすいロープロタイプのリールで探してみることに、、、



ネットで調べると

テイルウォーク ELAN71BR

シマノ クラドタイプJ

アブガルシア ソルティーステージレボLJ-3

などが候補にあがりました


見た目的にソルティステージ レボ LJ-3が好みでしたが、0時位置クラッチ復帰システムとかいう個人的には要らないシステムがあったので却下(クラッチプレートの交換でノーマルにできるようですが)

今回は ELAN WIDE POWER 71BL をチョイスしました
P1030807.jpg


見た目や質感はお値段なり?のそこそこ

でも、ドラグが12㎏までの設定で本格ジギングにも対応できそうです

遠心ブレーキが付いてますが、調整はネジを回してカバーを開ける必要あり
P1030810.jpg
このネジ1か所を緩めると、カバーが外れます

回しにくいのでスモールボートの船上ではちょっとやりにくいかな?

カバーを外すと6点式の遠心ブレーキ調整
P1030809.jpg
自分はキャスティングはやらないと思うので、真ん中位の設定にしときました


ハンドルは60㎜と75㎜で調整できます
P1030813.jpg


クリック音がこのツマミの切り替えで鳴るようにできます
P1030812.jpg
オンにするとスプールフリーでも鳴るので、自分は使わないかな?

泳がせとかで置きっぱなしだと使えるかもしれません


そしてこの価格帯のリールなのにシンクロレベルワインドシステムが付いてます
P1030815.jpg
もっと高いリールしか付いてないと思いました!

深場を攻めたり潮が早い時なんかはリグの沈下が早くなりそうです


付属品としてオイルとカバーが付いてきます
P1030808.jpg
カバーはロッドに付けたまま付けれるタイプ

ペラペラじゃなくて厚みのあるタイプなのが地味に嬉しい(笑)


肝心の使い勝手ですが、2度の釣行でそれなりの青物を釣り上げたりヒットさせた所ドラグは全然問題ない感じ

まだ大きいので4キロほどのイナダしか掛けてませんけど(汗)

ドラグが最大12kgなので調整幅が大きいからか、調整はファイト中でも楽でした

滑り出しもいい感じです


後はこの価格なので耐久性がどうなのか?って所が不安なくらいですね

1万5千円ほどでこの性能なら、十分だと思います!



アンチョビ!

今週末は予報が悪いですね~

マダイもまだ釣れ始まってないようで、無理することもないので釣りはお休みです


さて、今シーズンから使い始めたジャッカルのアンチョビミサイルシリーズ
P1030831.jpg
画像は自分が購入した沈みの早いアンチョビミサイルターボ

元々はサクラマスジギングで使おうと思って購入したものでした



アンチョビって太刀魚専用じゃないのって?

自分もそう思ってましたが、Asaやんさんからこの動画を紹介されたんです


激しい動きもしないでこの釣果!

これは買うしかないでしょう!とすぐにポチりました!


取りあえずは今の所、練習で青物は釣れています
P1030796.jpg
ヘタな自分がやっても魚の興味を引く動きはしてくれてるようです(笑)

そしてアンチョビミサイルの誘いは、今流行?のスロジギのように激しいシャクリもいらないので体に優しいのも嬉しい(笑)

他にも動画を見ていくとサクラだけではなく、ヒラメやタラも釣れるようです

ヒラメならこれからの時期狙っていけそうです!

今年はこれで、マダイ以外にもいろいろやっていこうと思います!



メインは勿論マダイだけどね(笑)






ジャッカル(JACKALL) ラトル式 アンチョビミサイル ターボ



ピンポンカウンター 販売開始!

ワカサギ釣り人達の中ではちょっと話題になっているkeiさんのピンポンカウンター 

ついにオフィシャルで販売が始まりました!


1458364258.jpg
新色のブラックがカッコいいな~

欲しい人はヤフオクで「 ピンポンカウンター 」で検索してみて下さい!


目指せ100束!(笑)



ワカサギリールの修理

先日の釣行でリールが巻き上げできなくなる不具合がでました

自分がメインで使っているのはシマノさんのDDMです
P1030593.jpg

症状はというと、クラッチのスイッチがスカスカと手応えがなく、回転ローラーがスプールに当たっていませんでした
P1030704.jpg
本来はクラッチを入れると丸印の部分からローラーが出てスプールに当たるはずが、ローラーが出てこない状態です
DDMを使っている人は判ると思いますが、本来手応えがあるクラッチも全くクリック感?がない状態

この時はリールに横から軽い衝撃を与えるとローラーがでてきたのでそのまま使用して、ラインを出すときはいちいちスプールを緩めて使用してました
でも、ローラーにかかるテンションが緩いからか、引きの良いワカサギがかかるとスプールが滑っていましたね

まずは分解をして状態を見てみます
使用する工具はプラスドライバーの1番と精密ドライバーとピンセットだけ
P1030703.jpg

カバーを外すのに3か所のねじ

モーターを外すのに1か所のねじ

下のベースからメイン部を外すにの4か所のねじです
P1030702b.jpg

下のベースからは外さなくてもできますが、外した方が直しやすいと思います


クラッチの感触からバネでローラーを出していると思ってましたが、その通りバネがありました
P1030698.jpg

見えにくいですが、モーターの下にバネがひっかかる突起がありますが外れているようです
P1030698bb.jpg
おそらく車や荷物の積み込み等の衝撃で外れてしまったのかな?


なので、一度バネをフリーにしてから
P1030700.jpg
モーター下の突起に引っ掛けて、また戻します

これでOK!

あとはまた組み上げるだけで終了です


バネが折れていたりとかしたら、メーカー修理に出さなきゃならないところでしたが、今回ははめ直すだけだったので助かりました


今回バラシてみたところ、配線部分などの防水処理は結構しっかり出来てましたね
どこかのメーカーに見習ってほしいところです(ちょっと嫌味(笑))


これで、今週末の釣行には使えそうだ!

と、思ったけどカレンダー見直してたら土曜は仕事だった、、、

1週間勘違いしてたっぽい、、、

再来週はまだできるかな?



自分が使用しているモデルはこちら


シマノ(SHIMANO) ワカサギ...

シマノ(SHIMANO) ワカサギ...
価格:14,688円(税込、送料別)

新型はこちら

FC2Ad

まとめ