休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

アシストフックの素朴な疑問

今回はフックのジグへの付け方の素朴な疑問

ジグを使ってのジギングの場合アシストフックを付ける事が多いと思います
普通はジグの頭のアイの部分に結んだり、スプリットリングで付けるのが多いとおもいますが、自分の場合アシストフックの交換もしやすいようにジグには付けずにスナップ部に直接通すことが多いです

こんな感じ
DSCN1191.jpg

ライトジギングを始めた頃は普通にジグ本体につけてました
こんな感じ
DSCN1189.jpg


今は一枚目のようにしか付けない事が多いですが、これはマダイジギングに使うジグはサイズが小さいので、アイの部分に付けるよりはスナップ部分に付けた方が自由度が高くバレにくいんじゃないかな~と思っての事
実際はどうなのか判りませんけど・・・
フロロジギングだと、ロッドとラインの伸びがあるので常にテンションがかかって余り差はないかもしれませんが、PEを使った釣りだと魚が暴れてバレる事も多いんでどっちがいいのかと思いまして

マダイジギングだと、どっちの方が最適なんでしょうかね~?
先輩達の意見をお聞きしたいですm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

真鯛ジギングをやる前の、大昔の経験談ですが・・・
2枚目のように付けると、ジグ交換時にフックの取り外しが面倒なので1枚目のように付けてた時期があります。
使ってたスナップは、強度に定評があるコータックのクロススナップでしたが、ブリクラスとやりとりしていたら伸ばされてしまいました。
それ以後は、2枚目のように装着し続けています。
ただ、当時はガチンコ勝負の本気のジギングタックルだけど今はライトジギング。
タックルバランスを考えると、1枚目の付け方でも大丈夫な気もするので、としけんさんがどのサイズの魚まで耐えられるか試してください(笑)

  • 2010/03/14(日) 04:24:03 |
  • URL |
  • nao #rnSe7cXA
  • [ 編集 ]

>naoさん
まだブリクラスを釣った事はないですが、マダイに限って言えば6kgクラスを釣っても全く大丈夫でした
PEタックルだと3kgくらいのマダイでもカブラだとフックは伸ばされましたが、フロロジギングならかなりのサイズでも大丈夫かと思ってます

  • 2010/03/14(日) 09:41:36 |
  • URL |
  • としけん #-
  • [ 編集 ]

アシストフックのラインはやや長めにとってますからジグのアイに直接通してラインの輪っかにフックを入れて締めるだけで使ってます。
この場合、フックの自由度はスプリットリング使用時よりも制限されますが今までずっとこの形で使い続けフッキングが悪い感じはしませんでした。

っていうか最近はカブラメインなのでよくわからないのが本音です(^_^;)

プライヤでスプリットリングを外すときにフックラインがリングに挟まりやすくなるのが俺的に気になり避けるようになりました。

1枚目画像の形だと魚が引っ張る方向によっては不安がなくもないですが、クロスロックなら大丈夫でしょうね。

  • 2010/03/15(月) 23:49:45 |
  • URL |
  • JYO #-
  • [ 編集 ]

>JYOさん
JYOさんの方法が一番オーソドックスなやり方ですよね
写真ではスプリットリングをかませてますが、実際に現場で付ける時はリングなしでやる場合が多いです

自分もこの方法でいまのとこ、これが原因のばらしてのはないんで多分このままいくと思います(笑)

  • 2010/03/16(火) 00:09:32 |
  • URL |
  • としけん #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sylphid374.blog48.fc2.com/tb.php/22-dbd0f1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ