休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

マットレスを新調しました

釣りに行けない休日の朝は二日酔いのとしけんです(笑)


なかなか休みと海の状況が合わず海に行けませんね~

春は風が強い日が多いのでしょうがないのは判ってますが、そろそろガッツリと釣りをしたいところです



さて、そろそろ本格的にボート釣りのシーズンに入りますが、自分の場合はメインの男鹿まで100キロちょっと

夜明けが早い時期だと1時には出発しないと朝マズメに間に合いません

朝も弱いという事もあり、当然車中泊して釣りに出かける事が多いんです

車中泊でしっかりと寝る為にはマットレスが大事!

現在は7年前に購入したイスカのマットレスを使用してました

しかし、去年末辺りからインフレータブルマットの宿命?の剥離現象が起きてしまいました
P1040324.jpg

スーパーキャンプマットレスは厚みが6㎝以上あるので、普段の使用では息を吹いて入れずにバルブを開けて自然に膨らんだ状態だけで使っていたので多少なら問題なかったですが、流石にもう限界、、、

7年程使ったので、新調する事に!
(汚れも拭いても取れなくなってきたし、、、)

今回はナチュラムで高評価のハイランダーのマットレスを購入!
P1040323.jpg
Hilander(ハイランダー)キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm
Hilander(ハイランダー) キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm

インフレータブルマット5㎝の厚みで税込み3,980円!(送料込み)
コスパの高いマットレスです 


収納時のサイズは幅はほぼ同じ
P1040321.jpg
ハイランダーは厚さが5㎝なので、収納時はイスカよりも多少は細いですね
(写真のハイランダーは新品未使用時です)

使用状態に膨らませてみると大体同じ長さになりますが
P1040325.jpg
イスカは198㎝
ハイランダーは195㎝

ハイランダーの実際のインフレータブル部分は150㎝程
P1040327.jpg
ナチュラムのスペック表だと165㎝となってますが、この数値はクッション性のないベロ?の部分も含めての数値のようです

身長が高い人だと足がはみ出てしまうかもしれないので注意が必要ですね

肝心の厚みは新品状態からバルブを開けて30分放置して4.7㎝ほど
P1040331.jpg
息を吹き入れない状態でなので、厚さ自体はスペックどおりのようです

このハイランダーのマットレスはピローが付いてますが、ピロー部分はインフレータブルではなく普通の空気枕です

バルブが逆流防止タイプとなっています
P1040328.jpg

空気を抜く時は抜けやすくなるように大きなバルブを開けて、一気に抜けるようになってます
P1040329.jpg
このバルブ、空気を入れ易く抜きやすいんですが、空気を入れすぎてしまうと抜いて調整をするのががちょっとしずらいですね



肝心の寝心地は自然に膨らませた状態でも底つき感はなかったので、クッション性も合格点!

スエードインフレータブルマットレスと銘打ってるので、表面生地も肌触りが良いいですね


収納性は他の参考にしたレビューだと

「収納袋も余裕があり、、、」

との事でしたが、いつも通りに巻いてみたら1度目は収納袋にはいりませんでした

巻きなおしたら入るようになりましたけど

狭い車中では人によっては収納袋に入れにくいかもしれませんね
(自分のジムニーは寝やすい様に板で真っ平にしてるので、問題なかったです)


付属品は収納袋とまとめる為のゴムベルトが2本、それとリペアシートも付属してました
P1040332.jpg
この価格でリペアシートも付いてるのはなかなかいいですね


ボート釣りだと船酔いを防止する為にも寝不足は大敵!

このマットレスでぐっすりと寝て、今シーズンも(船酔いのない)釣りを楽しみたいです!

早く車中泊したいな~




凹凸の多い車での車中泊には9.0㎝タイプのさらに厚いマットレスもお勧め!
Hilander(ハイランダー) 車中泊 スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 9.0cm

極厚タイプの車中泊向けマットレス
なんと!厚さ9.0㎝で税込み5,480円とコスパも◎!

スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ