休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

レインウェア新調

今週末は風が暴風に近い感じで、さすがにスモールボートで出た人はいないでしょうね~

そんな中、自分はいつものようにボートを繋いで・・・



トレーラー車検の為に三上さんの所へトレーラを預けに。。。
IMG_0559.jpg
自分のトレーラは軽トレなのですが、2年に1回の車検がやってきました
毎回頼んでいる三上さんにお願いです
ユーザー車検もやってた事もありますが、平日休まなければならないので今は委託です
ちなみに船検は能代等で受けれるので、釣りのついでに自分で受けてます


さて話は変わって、この間レインウェアを撥水処理しましたが、生地自体もかなりくたびれていたので、新しいレインウェアも購入しておきました

今まで使っていたウェアはゴアテックス製
ウェアの普段のお手入れは、釣行後に表面の潮を真水で洗い流す水洗い
シーズンに2~3回の洗濯です
これで5年程で染みてくるようになりました

なので友人から
「どうせ海で使うとゴアテックスはすぐダメになるから安い防水浸透素材でいいんんじゃね?」
と、熱心に勧められました(笑)

かなりメーカー独自の防水浸透素材のものにするか、又ゴアテックスにするか迷いましたが、、、、
結局は失敗はないだろという事で、ゴアテックスに決定!
P1020676.jpg
シマノ (SHIMANO) ゴアテックス(R)レ...

シマノ (SHIMANO) ゴアテックス(R)レ...
価格:27,648円(税込、送料込)


以前のゴアテックスウェアは21000円程で購入しましたが、この数年で値上がりしたのか?
釣り用のゴアテックススーツだと、これ位が最低ラインの価格でした
色とか選ばないと、もうチョイ安いのもありましたけど

ちなみに山用のとかだと、もっと安いのもあります
2万以下のもありますね


で、なんで山用にしなかったかというと、一番の理由は袖口の処理
釣り用に作られた物の多くは袖口がネオプレンで手が濡れても肘まで水滴が垂れて行かないようになってます
P1020679.jpg
これがないと地味に不快感があるんですよ(個人的に)
付いてないならリストバンド等をすればいいのかもですが、自分の場合絶対いつか忘れてきたり無くしたりしそう(笑)

他には帽子の紛失コードをつなげる為のループとか
P1020700.jpg
これは無きゃ、無くてもいいけど
など、細かい所が配慮されてますね

あとは今は一般的かもしれませんが、携帯電話用のストラップが標準で付いてます
P1020680.jpg
自分はスマホなので、ストラップ付ける所がないけど(爆)

ポケット部分は上着もパンツもファスナーではなくオープンタイプ
P1020682.jpg

P1020684.jpg
フタの部分はオーバーラップになっているので、飛沫等がはいりにくくなってます
以前のウェアもこのタイプですが、ポケットの中まで濡れた事は記憶にないので個人的には問題なし
そもそもポケットには何も入れない様にしてるので、、、

パンツのウエスト部分はゴムでボタン止め
P1020683.jpg
さらに紐で縛るようになってます

自分は体格的にウェアのサイズはMサイズですが、最近順調に?腹周りだけ育っているので(笑)Mサイズだとサイズ表をみると少し小さい、、、
それでも問題なく着用できるので、多少の余裕はあるようです
心配な人は試着をしてみることを勧めます

今回購入するのにちょっと悩んだのが、フード部分が外付けタイプになっているところ
P1020681.jpg
以前のウェアは畳んで、襟の部分に収納できるようになってたんです
外付けタイプの方が立体的で使用するには使いやすいですが、普段は邪魔そうな、、、
慣れていくかな?

早速この間の釣行で使用しました!
IMG_0555.jpg

かっ飛んでいたら見事に頭から波を被りましたが、新品だからもちろん問題なし!
P1020690.jpg

さて、これで雨の日でもガンガン釣りに行けるぞ~!
晴れているにこした事はないけどね!

ちなみに以前のウェアはアオリのシーズンだけ墨汚れ対策に使うようにする予定
これもエコだよね!(笑)
スポンサーサイト