休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

カウントダウン!

昨夜ネットを巡回していたら、今日が岩洞湖の氷上穴釣り最終日だったようですね
本州で一番寒いと言われるところも氷上釣りは終了という事で、いよいよボートシーズンが近づいてきました!

本日は降雪確立が高かったですが思ったほどではなく、天候の合間をみてボートの整備を行いました
いつも通りのシーズン前の点検なのでちゃっちゃとやっちゃいます!

まずは必要な交換備品等を確認
今回は2年に1回行っているオイルフィルターの交換と、昨年シーズン終わりにダメになったバッテリーも用意しました
バッテリーは最初は再利用品を買おうかと思ってましたが、ホームセンターで3980円の品を見つけたので新品を用意
一応パナソニック製なので激安でも大丈夫そう
P1010347.jpg

さて、バッテリーを箱から出して・・・
ってところで、うっかり斜めにしたら液が漏れ出した!!
P1010349.jpg
まぁ、こういう時の為に古いレインウェアを着て作業してたんでセーフでしたが・・・
ついつい密閉式バッテリーのつもりで扱ってしまいました(汗)
みなさんもバッテリーを扱う際は注意しましょう!

ケーブルのコネクター部分のボルトも錆び錆びで、ダメになってたんで新品のボルトに交換
P1010364.jpg
無理やり回したら、片方のボルトは折れました(笑)
P1010366.jpg
端子部分もワイヤーブラシで磨いてから接続です

バッテリーを繋いだら、始動確認を兼ねてエンジンを暖機運転してオイルを抜け易いように暖めます
オイルを抜く際は、トーハツエンジンの説明書によるとチルトアップして斜めに傾けて行うと書いてますが、自分の場合はいつも垂直に立てたままで行ってます
何故か説明書のやり方よりこの方がオイルの抜けがよいので・・・

ただ、普通にボルトを抜くとエンジンの側面をオイルが垂れてしまうのでペットボトルを使って垂れないようにして作業
P1010368.jpg
P1010369.jpg
このやり方だとギヤオイルも同時に抜く事ができますよ!
ギヤオイルは白濁等もないので、水などは混じってないようです

抜いたらエンジンオイルを入れますが、今回はフィルター交換もしたので規定量よりも多く入るはずです
まずは規定量の1リットルを入れて、一度エンジンを回します
(1分も回せば十分でしょう)
そうすると、新品で空だったオイルフィルターにもオイルが廻っていくので、レベルゲージは最初より下がります
そこでまたオイルを足してゲージを見ながら規定量まで足していきます
今回は1.2リッターほど入りました

無事オイルを入れたらまたエンジンを10分ほど回して、不具合等がないか確認!
P1010372.jpg

これで、あとは出向するのを待つだけです!!
P1010372aa.jpg
でも最近、週末になると天気が悪いんだよな~
来週は晴れてくれ~!!
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ