休日にはボートを連れて

トレーラブルボートでの釣行期(マダイ・シロギス・アオリイカ)や冬はワカサギ釣りなどと散財日記がメインです  たま~にキャンプも?!  主に秋田・青森を中心に活動してます

ピロー

前回インフレータブルマットの記事をかきましたが、枕を紹介してないのに気づきました


始めのころはスタッフバッグに衣類を詰めて枕として使ってました

でも毎回高さが変わったりと寝心地は安定しません


そこでイスカのノンスロップピローを購入して使っていました
イスカ(ISUKA) ノンスリップピロー

携帯枕にしては寝心地もまずまずでしたが5年程の使用で生地が擦り切れて空気漏れするようになってしまい補修シートで補修してもすぐダメに、、、

そこで新しくしようと思ったんですが、インフレータブル枕って思ったほど小さくならないんですよね

収納袋に入れても太さは500のペットボトル位で、長さはもう少し長い


そこで探しだしたのがケシュアのエアーピロー
P1040688.jpg
購入したのがナチュラムで4年半程まえですが、今は無くなったのか?

楽天で見つけましたが、在庫確認後の発送となってるのでもう売ってないかもしれません


このエアーピローのいい点は中央部分がへこんでいるので、普通のエアーピローと違って頭が跳ねにくいです

P1040689.jpg
こんな感じで中央部に頭がはまる?のでエアーピロー特有の寝心地の悪さがないんですね~


もちろんエアーピローなので空気を抜けばペタンコに!
P1040690.jpg
(エアーバルブは飛び出ますが)

折りたためばかなり小さくなります
P1040692.jpg


エアーピローという事で使用する際はインフレータブルタイプと違い、自分で空気を吹き込まなければいけませんが自分の場合は3~4回も吹き込めばパンパンなので苦労を感じた事はなし(ここら辺は肺活量で変わると思いますので、人によって感じ方は変わるでしょう)

注意として酔っぱらった後だと流石に空気入れがキツイので、キャンプでは飲む前に膨らませておく方がいいですよ!(笑)



似たような形状だとこれも中央が凹んだ作りですね
スポンサーサイト

マットレスをまた買いました

今週も荒れ模様の単に釣りはお休み

でも、ボートはまだ仕舞いませんよ?!


さて、今年の春先にハイランダーのマットレスを購入して使用してました
P1040325.jpg

価格的にも買いやすく寝心地もまぁまぁで悪くはありません



ですが付属している枕部分がやっぱりイマイチ!

数度使用してましたが、その後は枕部分は膨らませずに別のモノを使ってました

そうすると足部分がはみ出るんですよね、、、

寝れない訳じゃありませんが、ちょっと気になる、、、


そして何度か使用して、寝る時に横になると底付きすることに気づきました

普通に寝るにはいいんですけどね~

因みに空気を吹き込んで、硬めにすれば底付きはしませんが今度は寝心地が個人的にはイマイチに、、、

一度気になると、スッキリと寝れないので思い切って別のを購入!
P1040686.jpg
FIELDOOR 車中泊マット

スペックは191×54×10となっています
P1040684.jpg

P1040681.jpg

P1040683.jpg
ほぼスペック通りですが厚さは30分程空気弁を開けた時点では8cmほどでした

2時間程暖かい部屋で開けっぱなしだと9.5cm程まで膨れたので、悪くないと思います

この8㎝程の時点でも底付き感はまったく自分は感じなかったので、実用上は30分程でも問題ないでしょう!

気温によっても多少膨らむ時間は変わるので、これから岩洞湖で車中泊する時には短時間でも底付き感なく膨らむのは便利です!

既に何度か使用してますが、流石の厚さで寝心地的には良かったですね!

カラーも自分はブラウンを購入しましたが、ブラック・ブラウン・オレンジ・カモフラと4種類えらべるので好みによって選べます
(カモフラ柄だけは500円高いです)



厚さがあるという事は収納が嵩張りますが、以前のハイランダーと比べると、、、
P1040679.jpg
体積的に多分2倍以上デカいです!

さすがにこれはしょうがないかも


このマットレスには収納袋とゴムバンドが付いてきますが、収納袋は結構余裕のある作りになってます

でも、余裕あるからといって無理矢理押し込めると、、、

収納袋が破れました!
P1040680.jpg
余り縫製は丈夫になっていないようです、、、




キャンプで更に良い寝心地を求めたいなら幅の広いモデルもありますよ!





コスパのイイ電池ランタンを追加!

やっと実家の田植えやら、会社の休日出勤が落ちついて今週こそはボートを!

と、思ってましたが天候が悪く断念、、、

モヤモヤ気分をどう誤魔化そうかと思っているとしけんです



さて、来月半ばあたりから男鹿でもマダイが始まる予定です

そうなると朝一からの出航という事で自分は車中泊で現地入りになる事が多いです

車中泊中はエンジンを切っているので、車内での明かりは電池式のランタンでまかなっています

現在使っているのはジェントスのエクスプローラー  EX-1977IS です


比較的安く、またサイズの割に光量も十分な明るさだと思います

自分は車内で使用する際に吊り下げて使用する事が多いですが、ジェントスはフックが引っ掛けるだけのオープンタイプなんです
P1040425.jpg
軽く当たったり、吊り下げているのを忘れて翌朝そのまま車を動かすと落ちてしまう事があります

そこで、何かいいものが無いかと探したところありました!
P1040408.jpg
BLACK WOLF マルチLEDランタン



これもフックは起こすタイプですが、外れないようにフック部分にストッパーが付いています
P1040412.jpg
フック下のオレンジ部分が電源ボタンになっています

ボタンを押すごとに HI > MID > LO > 点滅 > SOS > 消灯 と切り替わります

電源ボタンも結構しっかりしてて、悪くはないですね

電池は単4が3本で、HIモードで4時間、LOモードだと19時間のようです(付属の説明書だと20時間と書いてるけどWebとどっちが正しいんだろ?)
P1040413.jpg
ちなみにジェントスEX-1977IS は単3電池が4本で LOモードで36時間です

電池サイズと本数が違うので簡単に比較できませんが、このランタンは最大光量は180ルーメンとジェントスの1.8倍なので悪くはないと思います


サイズは高さが無い分もあってマルチLEDランタンがかなり小さく見えますね
P1040427.jpg
ジェントスも丁度ドリンクホルダーにはまるサイズなので収納には悪くないですけど、マルチLEDランタンはジムニーのドリンクホルダーだとちょっと座りが悪いです

それでも圧倒的に小さいので、隙間等に収めて置けます


明るさ比較ですが写真だとあまり違いが判らない、、、
(どちらも満充電状態のエネループを使用してます)

マルチLEDランタン
P1040415.jpg

ジェントス エクスプローラー EX-1977IS (ホヤを外してます)
P1040419.jpg

マルチLEDランタンは白く見えますが、LEDの真っ白な光ではなく、実際はいくらか暖色系の灯りです


マルチLEDランタンは背面に磁石が内臓してあるので、車体等にもくっつける事ができますP1040423.jpg
(車体が汚いのは突っ込まないように、、、)

ランタン本体が柔らかいゴム?樹脂?で包まれているので、貼り付けても車体は傷つきにくいと思います

ですが、磁力自体があまり強くはないでの車体に張り付けた状態でドア等を開け閉めすると衝撃で落ちてしまうかもしれません

一応付ける事ができるって程度の磁力なので、落ちたら困るような地面等の場所では使用しない方がいいかもしれませんね

まぁ、このマルチLEDランタンは1個 780円! と圧倒的に安いので落ちて壊れたら買い直してもいいけど(笑)


安くて軽量で小さいとかなりイイとこずくめ!

でも、一つだけ難癖をつけるとするとスイッチを押すごとに光が変わりますが、つけっぱなしの後もHIモードから消そうとした場合、また何度もボタンを押さなければいけないところかな?

それ以外はかなりイイLEDランタンだと思います

オススメです!!


自分はお試しで1個だけ買いましたが、2個セットを購入すれば送料も無料です



Amazonで探すと似たような商品が沢山ありますので、Amazon.co.jp発送以外のマーケットプライス等の類似品に気を付けてください




追記
keiさんからバッテリー式を探してとの事だったので、貼っておきます(笑)

BLACK WOLFの製品ではないですが AUKEY JAPAN  の製品なので比較的サポート等も安心かもしれません
自分は使ってないので保証はしませんけど(笑)

MSR ウィスパーライト用にケースを購入

GWが近づくにつれ波の状況が心配、、、

週末になるとそわそわしてしまうとしけんです(笑)


さて、自分が所持しているストーブの中に数年前に購入したMSRのウィスパーライトがあります

元々は仲間との大型テントでのワカサギの暖房用にと購入したのですが、最近はワカサギの暖房よりも普通のキャンプでの使用が多いですね

このウィスパーライトの収納は付属の収納袋に入れて持ち歩いてました
P1040315.jpg

ですが、この収納袋も段々とほつれてきて修繕しながら使ってます
P1040316.jpg
それもかなり適当な修繕です(笑)

なにかいい方法が無いかと思ってたら他の方々のブログで某社のハードケースを流用使用しているとの事で早速購入!
P1040317.jpg
EPI(イーピーアイ)APSA-IIIストーブ用ケース
EPI(イーピーアイ) APSA-IIIストーブ用ケース


名前の通り、EPI社のストーブ用のケースですが、MSRのウィスパーライトやドラゴンフライがジャストフィットとの事


噂通り、本体と付属の風防等も一緒に入れる事が出来ます
P1040318.jpg
多少の余裕があるので、プレヒート用のアルコールやライターもサイズによっては入りますね


ハードケースに入れたことによって道具ケースの中でも燃料ホース等に無理な力も加わる事もなくなりそうで安心です
P1040320.jpg


色だけがちょっと残念ですけどね(笑)




マットレスを新調しました

釣りに行けない休日の朝は二日酔いのとしけんです(笑)


なかなか休みと海の状況が合わず海に行けませんね~

春は風が強い日が多いのでしょうがないのは判ってますが、そろそろガッツリと釣りをしたいところです



さて、そろそろ本格的にボート釣りのシーズンに入りますが、自分の場合はメインの男鹿まで100キロちょっと

夜明けが早い時期だと1時には出発しないと朝マズメに間に合いません

朝も弱いという事もあり、当然車中泊して釣りに出かける事が多いんです

車中泊でしっかりと寝る為にはマットレスが大事!

現在は7年前に購入したイスカのマットレスを使用してました

しかし、去年末辺りからインフレータブルマットの宿命?の剥離現象が起きてしまいました
P1040324.jpg

スーパーキャンプマットレスは厚みが6㎝以上あるので、普段の使用では息を吹いて入れずにバルブを開けて自然に膨らんだ状態だけで使っていたので多少なら問題なかったですが、流石にもう限界、、、

7年程使ったので、新調する事に!
(汚れも拭いても取れなくなってきたし、、、)

今回はナチュラムで高評価のハイランダーのマットレスを購入!
P1040323.jpg
Hilander(ハイランダー)キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm
Hilander(ハイランダー) キャンプ用スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5.0cm

インフレータブルマット5㎝の厚みで税込み3,980円!(送料込み)
コスパの高いマットレスです 


収納時のサイズは幅はほぼ同じ
P1040321.jpg
ハイランダーは厚さが5㎝なので、収納時はイスカよりも多少は細いですね
(写真のハイランダーは新品未使用時です)

使用状態に膨らませてみると大体同じ長さになりますが
P1040325.jpg
イスカは198㎝
ハイランダーは195㎝

ハイランダーの実際のインフレータブル部分は150㎝程
P1040327.jpg
ナチュラムのスペック表だと165㎝となってますが、この数値はクッション性のないベロ?の部分も含めての数値のようです

身長が高い人だと足がはみ出てしまうかもしれないので注意が必要ですね

肝心の厚みは新品状態からバルブを開けて30分放置して4.7㎝ほど
P1040331.jpg
息を吹き入れない状態でなので、厚さ自体はスペックどおりのようです

このハイランダーのマットレスはピローが付いてますが、ピロー部分はインフレータブルではなく普通の空気枕です

バルブが逆流防止タイプとなっています
P1040328.jpg

空気を抜く時は抜けやすくなるように大きなバルブを開けて、一気に抜けるようになってます
P1040329.jpg
このバルブ、空気を入れ易く抜きやすいんですが、空気を入れすぎてしまうと抜いて調整をするのががちょっとしずらいですね



肝心の寝心地は自然に膨らませた状態でも底つき感はなかったので、クッション性も合格点!

スエードインフレータブルマットレスと銘打ってるので、表面生地も肌触りが良いいですね


収納性は他の参考にしたレビューだと

「収納袋も余裕があり、、、」

との事でしたが、いつも通りに巻いてみたら1度目は収納袋にはいりませんでした

巻きなおしたら入るようになりましたけど

狭い車中では人によっては収納袋に入れにくいかもしれませんね
(自分のジムニーは寝やすい様に板で真っ平にしてるので、問題なかったです)


付属品は収納袋とまとめる為のゴムベルトが2本、それとリペアシートも付属してました
P1040332.jpg
この価格でリペアシートも付いてるのはなかなかいいですね


ボート釣りだと船酔いを防止する為にも寝不足は大敵!

このマットレスでぐっすりと寝て、今シーズンも(船酔いのない)釣りを楽しみたいです!

早く車中泊したいな~




凹凸の多い車での車中泊には9.0㎝タイプのさらに厚いマットレスもお勧め!
Hilander(ハイランダー) 車中泊 スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 9.0cm

極厚タイプの車中泊向けマットレス
なんと!厚さ9.0㎝で税込み5,480円とコスパも◎!

FC2Ad

まとめ